整形外科

骨や筋肉の老化を予防するためのアドバイス、治療を行います。

診察内容 ~こんな症状の方に~

体の痛みやしびれなどの様々な症状に関して、ご相談ください。
・交通事故、労災などの診察も行なっています。

治療例1 ヒアルロン酸注射
     変形性膝関節症等の膝痛に
治療例2 ばね指の以下の治療も行ってます。
     ・理学療法  ・腱鞘内注射  ・腱鞘切開 など

ロコモティブシンドロームとサルコペニアの予防への取組

「ロコモティブシンドロームとは?」

ロコモティブシンドローム(通称ロコモ:運動器症候群)とは、加齢に伴う筋力の低下や関節や脊椎の病気、骨粗しょう症などにより運動器の機能が衰えて、要介護や寝たきりになってしまったり、そのリスクの高い状態を表す言葉です。

要介護が必要になった主な原因は、「高齢による衰弱」13.8%、「骨折・転倒」12.5%、関節疾患10.2%など、ロコモによる原因が多くなっています。

特に、女性は約半数がロコモによる原因です。

前橋温泉クリニックでは、ロコモへの対応として、各種検査や温泉での運動などの指導も行っております。

サルコぺニアの対応も行っております。

「サルコペニアとは?」

「サルコペニア」とは、「加齢に伴って生じる骨格筋量と骨格筋力の低下」のことです。 人間は老化により、骨格筋量の進行的な低下、それも体力や機能の低下を導く大幅な低下した状態のことです。
ロコモが進んだ状態で、原因の特定できない「ねたきり」などもサルコペニアに該当します。

今、寿命が延びています。いつまでも若々しく元気でいられる健康寿命への取り組みが益々重要になってきます。 お気軽にご相談ください。

前橋温泉クリニック 整形外科の経緯

昭和46年滝澤整形外科開院(院長 滝澤幸男 前橋温泉クリニック 院長岩波実父)
院長岩波 獨協医科大学整形外科入局。大学病院、関連病院整形外科勤務。
前橋温泉クリニック開業後も滝澤整形並びに県内の病院にて非常勤医師として整形外科の診療を継続。
前橋温泉クリニックに滝澤整形外科統合

ページの上部へ